Vertical Menu

偽物に気をつける

ED治療薬として知られているバイアグラなどはインターネットで手軽に購入することができます。
しかし手軽に購入できるというメリットの反面、購入する際はしっかりと気をつける必要があります。

一番気をつけてほしいのは「偽物」です。
インターネットで販売されているED治療薬の50パーセントは偽物と考えておいた方が良いです。

バイアグラというのは日本では、個人が使用する目的の場合は1ヶ月分の量は個人輸入することができます。
そのため個人輸入業者が増えて、病院で処方するよりも格安で販売している違法な業者もたくさんいます。

このバイアグラの偽物は世界で作られていて、60ヶ国以上で偽物が製造されていることがわかりました。
偽物が製造されている場所は非常に不衛生で品質のことを考えても安全とは言えません。

バイアグラはアメリカで誕生したので、アメリカで購入するバイアグラは全て本物だと思いがちですが、ここでも注意が必要です。
偽物のバイアグラがアメリカを通して日本へ販売しているという事例もあるので、アメリカから購入するからといって簡単に信用してはいけません。

使用する上での注意点

ED治療はED治療薬だけではなく、心理療法や手術、ホルモン療法など様々あります。
ですが基本的に初めてED治療を行う場合は治療薬を服用して効果を見ます。

バイアグラなどのED治療薬を服用する際は用法用量を守るのはもちろんですが、他にも注意点があります。
ここでは使用する上での注意点について説明します。

服用する際は性行為を行う1時間ぐらい前に使用します。水やジュースお茶、お酒などでも問題ないですが、脂肪分が含まれている飲料をできるだけ避けた方が良いです。
脂肪分が含まれていると、薬の効果が無くなってしまう場合があります。

バイアグラの効果が続く時間は5時間ぐらいです。

バイアグラをよく勘違いしているのは、性欲を増進させる効果があるということです。
実際バイアグラの成分には性的興奮を促進させる効果はないので気をつけてください。

またバイアグラを服用したら必ず勃起するというのではなく、性的な欲求をしっかりと持っていてそれから性的な刺激があると勃起できます。
ですから性的な欲求がない場合は効果は感じられません。

様々な治療方法

ED治療で有名なのはバイアグラなどの薬を服用する方法です。
バイアグラは非常に効果的なので多くの人がバイアグラで改善することができます。
しかしある理由でバイアグラが服用できないという場合もあります。
例えば心臓病を患っている場合はバイアグラなどのED治療薬を服用することはできません。
ではそういう場合どうするかというと、ED治療薬以外の治療方法で行います。

ED治療薬以外の治療方法というのは、心理療法、ホルモン両方、陰圧式勃起補助具、海綿体注射両方、手術などがあります。

心理療法というのは、基本的に20代や30代と若い年代の人が対象となっていて、バイアグラなどのED治療薬を服用しながら心理療法も行います。
EDになる原因は、性行為に対してのプレッシャーなどから起こる場合もあるので、そういった精神状態を分析していきます。

男性ホルモンが少なくなっている場合もEDになる原因になります。
男性ホルモンが少ないという理由でEDになっている場合はホルモン療法で男性ホルモンを補充します。

陰圧式勃起補助具というのは、円型の形をした筒に陰茎を入れます。
そうすることで血液が溜まっていくので勃起が促進されることになります。それから陰茎の根本も縛ることで勃起を維持します。

海綿体注射療法というのは陰茎海綿体に注射して勃起を促進してEDを治す方法です。

手術は様々な方法があり、血管に原因ある場合は血管手術をしたり、人工陰茎などの方法があります。