チャットレディにデメリットはある?気をつけたい注意点

女性にとって働きやすく、高収入でもあるチャットレディですがデメリットもあるようです。

チャットレディを始めるのであれば、そういったデメリットも知った上で始める事がとても大切です。

デメリットを頭に入れておくことはトラブル回避にも繋がります。チャットレディのデメリット(注意点)を挙げていきましょう。

下ネタ耐性が必要

鉛筆をかじる女性

チャットレディサイトに登録している男性のほとんどは、女性との会話にエッチ系の話題を期待しています。もちろん全員がそうではありませんが、下ネタに耐性があればあるほどこのお仕事は有利です。チャットレディと似た職業であるキャバクラを例にしてみましょう。キャバクラでも軽い下ネタからディープなものまで話題になる事は日常茶飯事です。相手が下ネタをしてきた途端、いやな顔をしてしまったら、即会話終了になる事もあり、収入に繋がらなくなってしまいます。無理をする必要はありませんが、多少の下ネタであればのってあげるくらいの気持ちがあった方が報酬があがりますよ。

自分を律する事が出来るか

浜辺で瞑想する女性

このお仕事は完全出来高制なので、自分の頑張った分だけあなたのお給料になります。惰性で仕事をしてしまうと当然のことながら収入は入ってきません。働く場所が自宅であるため、ついだらだらしてしまう事もあり得ます。通常の仕事であれば行きたくなくても否が応にも行かなくてはいけませんからね。自分を律し、メリハリをつける事が大切なお仕事でもあります。

身バレする心配がある

布から目だけを出す女性

チャットレディで心配なのが「身バレ」です。身バレする可能性はとても低いですが、万が一という事もあります。身バレが怖い人は対策をとる必要があるでしょう。チャットレディには誰でも閲覧が出来るプルフィール写真があります。身バレ回避のためには、メイクやカラコン、ウィッグで変装し、加工アプリを使って別人になる、顔の一部を隠す、身体の一部を映す、という事もできます。男性とのやり取りの際の身バレ回避も同様です。顔だしするかどうかはチャットレディが決める事ができます。また、男性と仲良くなったからといって安易にプライベートの情報を話さない事も大切です。

 

チャットレディにはこのようなデメリットがあります。しっかり対処すれば問題なく働く事ができますよ。